個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~18:00
土曜  8:30~13:00

(なお、木曜日の午前中は休診で午後は15:00からとなります。夜間診療を行っている場合もございます。平日は17:50、土曜日は12:50を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。)

HOMEお知らせ

国は盛んに「電話診療/オンライン診療」を勧めていますが
これっていったい何なんでしょうか?

本来、医師法には「医師は自ら診察しないで治療をし、処方箋を交付してはならない」とあり、無診療での治療や処方を禁じてきました。要するに、患者さんを対面で診察しないと治療や処方はできませんでした。

ところが、離島やへき地での診療や寝たきりの高齢者やがん末期の患者などの診療は定期的に対面で診察するのが困難な場合があります。

そこで出て来たのが「電話診療/オンライン診療」なのです。

ですから、これは元々、新型ウイルスが蔓延した時にとる体制ではありません。

一方では現在、新型コロナは世界中
そして、日本国中にも蔓延しています。
この感染拡大を抑えるにはなるべく患者さんの外出を減らし
医療従事者の感染機会を減らし、医療崩壊を阻止することです。

そこで考え出されたのが、
「電話診療/オンライン診療」の応用です。
高血圧症や糖尿病などの慢性疾患はもちろん
花粉症や軽微な風邪なども
電話やその他の通信機器を使って病状を医師に伝え
処方を受けることができる様になりました。

ただしこれは時限的なもので
今の新型コロナの感染拡大期、非常事態でのみ
行われるべきものであり
原則対面での診察を行った上での治療や処方と考えます。

新型コロナもそうですが、発症初期は普通の風邪やインフルエンザなどと
区別がつきません。

発熱や頭痛だけだと腎盂腎炎や感染性胃腸炎
胆石・胆嚢炎や白血病の初期症状ということもあります。

当院では風邪症状の方は駐車場で診察させていただいております。
診療所の出入り口には手指消毒剤を置き、診療所内は定期的に換気し
院内感染防止に努めております。

都市部の様に宮崎でも感染の急速な拡大がみられる時は
当院でも電話診療が行えるように登録はしております。
ただ、今の現状では、対面での診察を受けていただいた方が
安心できるかと思います。