個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日9:00~12:30
14:00~18:00
土曜  9:00~13:00

(なお、水曜日の午後は休診で午前中は9:00~13:00となります。夜間診療を行っている場合もございます。平日は17:50、土曜日は12:50を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。)

HOMEコラム

父が亡くなり2週間が経とうかという頃、親戚や知人からお電話をいただいた。
父からお歳暮が届いたという。

父は約半年前に歯肉がんの宣告を受けた。
癌は骨まで浸潤しており、リンパ節への転移もみられた。
根治を目指した手術を受ければ、今のようには食べられなくなるかもしれない。
父は延命より生活の質を選び、その後癌に対する治療は受けなかった。

父は、なるべく癌の事は忘れて、免疫力をアップするために笑って過ごせる様な生活を送ると言っていたが、一方では終活もしていたのかもしれない。

父の様態が悪くなり入院した日の夜、私は仕事が終わり1人タクシーに乗り病院へ向かった。運転手が「お父さんを4日前に百貨店まで送りましたよ」と教えてくれた。
父が亡くなり書類を整理していたら、お歳暮の注文書の写しを見つけた。
注文書の日付けは入院4日前だった。

臨終の身でありながら贈ってくれた有り難さと、もう今は居ないはずの父の名前を送り主欄に見て、何とも切ない気持ちになり、涙がこぼれたと従兄弟の1人は話してくれた。