個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~17:50
土曜  8:30~12:50

(なお、木曜日の午前中は休診で午後は15:00からとなります。夜間診療を行っている場合もございます。平日は17:30、土曜日は12:30を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。)

HOME医療ニュース

「お酒を飲んで酔う」という状態には
1.お酒に含まれるアルコールが脳に作用することで起こるものと
2.体内に入ったアルコールが分解されてできた物質によって引き起こされるものとがある。
 お酒を飲むと、アルコールはまず胃と小腸で吸収されて血液中に入る。血液中に入ったアルコールが脳に到達すると、脳の麻痺やその機能低下が生じる。これが上記1の状態。軽い興奮状態になるので、気が大きくなったり、楽しくなってはしゃいでしまうのもこのためである。

では、どんなときに悪酔いするのか?
悪酔いとはアルコールの作用とその分解産物であるアセトアルデヒドが血液中に混在した状態。アセトアルデヒドは一定量ずつしか無害な物質に変わらない。さらに、肝臓でアルコールを分解するには、少なくとも糖質をメインとした大量のエネルギーや水分が必要になる。
適量のアルコールならアセトアルデヒドの作用も顔が赤くなる程度。

普段と変わらない量しか飲んでいないのに、悪酔いするのはなぜ?
肝臓でアルコールを分解する際に、その肝臓の働きを手助けする物質が不足していたり、その働きが鈍くなってしまう条件があると、悪酔いしないとき、するときが生じる。

では、悪酔いしやすい条件とは?
・前日前夜に深酒や睡眠不足
・過労で肝臓の働きが低下している場合
・長時間の入浴や激しいスポーツ後で脱水状態が完全に改善していない場合
・ダイエットで体内の糖分蓄積量がかなり少ない場合
・空腹状態の場合
・抗生物質などの服薬により肝臓の働きが低下している場合

前日、当日、直前、飲み会中、終了後の悪酔い対策は?
最大の予防は悪酔いする前に止めること。すなわち、飲酒しないこと。でも、これはかなり難しい。そこで

■事前に飲酒する機会が分かっている場合
まずは、体調を万全にしておくこと。前夜に深酒や睡眠不足・過労などがないように肝臓を休め、全身の疲れをできるだけ取っておく。さらに、風邪症状や胃腸炎症状等の病気が出てしまった場合は、無理をせずその飲酒機会を断る勇気も必要。ほかに気を付けたいことは以下の通り。
・飲酒する数時間前:胃腸薬を服用しておく。
・飲酒する2~3時間前:消化に時間のかかりそうな食べ物(肉類・チーズなど)を適量食べておく。間接的にアルコールの吸収を緩やかにし、肝臓での代謝・分解効率を良くしておく。
・飲酒前後の対策:ペットボトル入りのスポーツドリンクや胃腸薬を買っておく。

■突然、飲酒することになった場合・飲酒の直前
・少し軽食を摂る。胃からのお酒の吸収を緩やかにするとともに、栄養を体内に補給しておくことでアルコールの代謝・分解効率を良くしておく。

■飲み会中
・アルコールの血中濃度を下げるために、ときどきスポーツドリンクやソフトドリンク、水、ウーロン茶などを飲む。
・一定量の料理やおつまみを食べながら飲酒する。
アルコールは空腹時だと飲酒後30分程度で血中濃度のピークを迎えるので、乾杯後の飲酒はゆっくり、スローペースにするのが理想。乾杯後30分以上経たないうちは度数の高いお酒を多く飲まないようにするといい。
よく牛乳を飲むと胃に膜が形成されてアルコールの吸収がゆっくりになるという俗説があるが、これは事実ではない。仮に胃の中で膜が形成されたとしても、牛乳由来のタンパクや脂肪等なので、お酒のエチルアルコールや分泌される胃酸で変性し、洗い流されてしまう。
二日酔いに効果的といわれるウコンなどのサプリメントも同様。ウコンは肝機能の働きを活発にさせる手助けはするが、飲酒の前にウコンを摂取したからといって、悪酔いや二日酔いを防ぐことはほとんど期待できない。

●では、二日酔いになってしまったときはどうすればいいのだろうか?
これには以下の対策が有効。
・こまめに少量ずつ常温のスポーツドリンク等で水分補給をする
・無理をせず、十分に睡眠をとる
そして、時間の経過とともに少し二日酔い症状が軽減してきたら、アセトアルデヒドの分解を促すハチミツや、肝臓のアルコールの分解・代謝を助けるアミノ酸、オルニチンが豊富なシジミの味噌汁、体内でアルカリ性となってくれる梅干し入りのお粥、二日酔いの胃もたれや嘔気に有効な消化酵素を多く含む大根おろしなどを食べる、頭痛軽減作用のあるカフェインを含む緑茶、紅茶やコーヒーを飲む。


ホルモンは主要なものだけで30種類以上あり、未知のホルモンも多数あると考えられている。ホルモンの役割は体内環境を正常に保つように作用することにある。
 食欲や栄養の供給もホルモンによってうまくコントロールされている。食事を減らしたり抜いたりすると、グルカゴンと呼ばれるホルモンが増える。このホルモンは血糖が下がりすぎないように維持する。逆に血糖を下げるホルモンであるインスリンの分泌は抑えられる。

怪我をしてもホルモンが活躍
 怪我をしたときもホルモンは活躍する。細胞の修復を促すコルチゾール(副腎皮質ホルモン)が副腎から多く分泌される。コルチゾールは過剰な免疫反応や炎症も抑える。
 ホルモン分泌は我々の活動や休息、1日の時刻とうまく連動する必要があり、ほとんどは睡眠と体内時計の両者の影響を受けている。
 ホルモン分泌は「主に睡眠による支配を受けるもの」と「主に体内時計の支配を受けるもの」の大きく2つに分けられる。
「体内時計による支配」を受けるホルモンの代表が、先のコルチゾールや、甲状腺刺激ホルモン 、メラトニンなどである。これらのホルモンは心身を目覚めさせたり逆に眠気をもたらす作用があるため、昼夜のリズムに合わせて分泌を増減させる必要がある。
 一方、主に「睡眠による支配」を受けるホルモンの代表が、成長ホルモン、乳汁分泌を促すプロラクチン、男性ホルモンであるテストステロンなどである。一般的にこれらのホルモンは時刻とは関係なく、睡眠中に分泌が高まる。普段寝ている時刻でも徹夜をしていると分泌が抑えられる。
 プロラクチンは乳汁の分泌を促すほか、妊娠中には女性ホルモンの分泌調節に関わって母胎を安定させ、育児期には母性的行動の源となって子供を外敵から守るなどの行動をとらせる。乳幼児の睡眠リズムは不規則で寝起きの時間が昼夜に分散していることを考えると、特定の時刻でプロラクチンの分泌が高まるよりも、睡眠(覚醒)の時間帯と連動していた方が育児や授乳にとって都合がよいだろう。

美肌は本当に成長ホルモンのおかげ?
先述のとおり成長ホルモンは主に睡眠による支配を受けており、現実世界の時刻は実は関係なく、睡眠、特に深いノンレム睡眠(徐波睡眠)中に集中して分泌される。同じ睡眠でもレム睡眠中には覚醒時と同じ程度にまで分泌量は低下する。夜勤明けの看護師さんは帰宅してから寝ても成長ホルモンは分泌されるので心配はない。
 果たして成長ホルモンはお肌によいのか。少なくともその効果を科学的に証明した研究はない。成長ホルモンよりも、寝不足による疲労やストレス、肌の乾燥の方がよほど悪影響があるようだ。

緑内障は、さまざまな原因で視神経が障害を受け視野が狭くなる病気で、失明に至ることもある。基本的な事を知らない人は、意外に多いようだ。恐ろしいのは、自覚症状が出た時には視神経の半分以上が死んでいることだ。

20人に1人の病気
 緑内障は、わが国の視覚障害の原因の第1位を占める。疫学調査によると、40歳以上の緑内障有病率は男女ともに5.0%だった。20人に1人という割合はかなり高いと言える。
 目の病気では白内障と緑内障がよく知られているが、二つの病気は決定的に異なる。白内障は手術をすれば視力が元に戻るが、緑内障は手術をしても欠損した視野は戻らない。しかも、緑内障は非常に慢性的に進む病気であるため、自覚症状がなかなか出ないことが問題だ。

正常眼圧でも緑内障に
 ちょっと目の調子がおかしい、と思って眼科を受診する。しかし、その時には視神経の半分以上が駄目になっている。2~3割の視神経が死んでも、代償機能があるので気付かない。さらにやっかいなのは、眼圧が正常範囲にありながら緑内障になる人がいることだ。疫学調査の結果、緑内障の約70%がこの正常眼圧緑内障であることが分かったという。
 完治が期待できない緑内障の対策は、一にも二にも早期発見と早期治療によって病気の進行を止めるしかない。眼圧と眼底を対象にした二つの検査で十分だ。これを1年に1回、定期的に受けてほしい。ただ、検査結果が全く正常であれば2年に1回でもよいだろう。

時事通信社より

国立長寿医療研究センターなどは、運動習慣のない65歳以上の男女が半年間ゴルフを続けたところ、記憶力が改善されたという研究結果を発表した。
半年の間、半数の53人には週1回、練習場やコースでゴルフをしてもらい、残りの半数には普段通りの生活を送ってもらった。その結果、ゴルフをしたグループは半年前に比べて単語を覚える力で6.8%、文章や物語を覚える力では11.2%向上したという。
研究グループは、ゴルフは、スコアを数えるなど頭を使う上、他のプレーヤーと話すなど社交的な活動も行うことが記憶力向上に影響すると考えられると分析している。
Nippon News Network(NNN)より

 妊婦が感染すると、生まれてくる子どもに障害が出る恐れがある風疹。この先天性風疹症候群をなくそうと国や専門家は、東京五輪が開かれる2020年度までの「風疹ゼロ」達成を目指し、対策に乗り出している。

妊娠20週ぐらいまで、胎児に影響
 妊娠20週ぐらいまでの感染により、胎児も感染して障害が出やすい。予定より早く生まれ、心臓に穴が開いたり、目が濁るなどの症状があらわれる。徐々に改善はするが、発達が遅れ、聴力が落ちる可能性もある。2015年、0~2歳の子を持つ女性に行った調査では、抗体検査でウイルスに対抗する力を表す抗体価が低いと妊娠時に分かっていた割合は22・6%。その半数近くが、その後も予防接種を受けていなかった。ワクチンさえ打っていれば、子どもに生きにくさを背負わせずに済む。知らない怖さ、予防の大切さを多くの人に分かってほしい。かつて風疹は子どもの感染症と言われていたが、今の感染の中心は大人。影響を受けるのは子どもたち。

30~50歳代の男性は要注意
 感染者の年間報告数は流行がなければ数百人程度。昨年は93人だったが、全国的に流行した13年は約1万4000人に上った。このうち約9割が成人だ。それに伴い、12~14年の先天性風疹症候群も報告があっただけで45人に上った。
 風疹ワクチンは定期接種だが、5%程度は1回で抗体価が上がらず、原則2回接種が勧められる。1990年度以降に生まれた人はその機会があるが、以前は体制が未整備で30~50歳代の男性は注意が必要だ。
 流行中の2013年6月、米疾病対策センター(CDC)は「風疹の予防ができていない妊婦は、日本に渡航するのを避けるべきだ」とする警報を出した。
 風疹が流行すれば、また海外で警報が出される可能性がある。国は20年度までに海外からの輸入感染を除いて風疹ゼロを達成し、早期に先天性風疹症候群の発生をなくすことを目標としている。
 国は1月、風疹と診断した医師からの届け出の基準を「7日以内」から「直ちに」と変更。従来の指針で集団発生の場合は疫学調査をし、「可能な限り」ウイルスの遺伝子検査を行うとしていたが、今後は1例発生した時点で調査し、遺伝子検査も原則全例で行う。
 流行国を渡航中に感染し、帰国後に発病して感染が拡大するケースが多い。海外に無防備な状態で行かないよう予防を心がけよう。
読売新聞(ヨミドクター)より

«前 || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 58 | 59 | 60 || 次»