個人情報の取扱い お問い合わせ

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~17:50
土曜  8:30~12:50

(平日は17:30、土曜日は12:30を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。また、8:30から胃カメラ、腹部エコー検査が入っている場合は診療開始が9:00になりますので、ご了承ください。)

HOME医療ニュース

上行結腸がんは、大腸がんの一種。大腸がんは長さ約2メートルの大腸(盲腸、結腸、直腸、肛門)に発生するがんで、上行結腸は盲腸から上(頭側)に向かう部分を呼ぶ。日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいと言われている。粘膜の表面から発生した後、大腸の壁に深く侵入していき、進行するにつれてリンパ節や肝臓、肺などに転移する。罹患(りかん)率は40代から増加し、高齢になるほど高くなる。男性の罹患率、死亡率は女性の約2倍となっている。
スポーツ報知より