個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~18:00
土曜  8:30~13:00

(なお、木曜日の午前中は休診で午後は15:00からとなります。夜間診療を行っている場合もございます。平日は17:50、土曜日は12:50を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。)

HOMEお知らせ

日本医師会と予防接種推進専門協議会は7ワクチンの定期接種化(公費助成)を求めて署名活動を始めました。
7ワクチンとは、子宮頸がん予防、インフルエンザ菌b型(Hib)、小児用肺炎球菌、水痘、おたふくかぜ、成人用肺炎球菌、B型肝炎のワクチン。
子宮頸がん予防・Hib・小児用肺炎球菌ワクチンの3ワクチンは2012年度末まで公費助成を行っています。
昨年末の総選挙で自民党は政権公約に予防接種政策の推進を挙げました。
署名活動は都道府県医師会、郡市区医師会などと協力して2月末まで展開されます。集めた署名は関係省庁などに提出されます。
当院にも署名用紙がありますので、皆様、ご協力の程、宜しくお願い致します。

佐土原町でもインフルエンザが散見されるようになりました。
高熱が出るか、普段の風邪よりも倦怠感が強いようであれば
インフルエンザの可能性があります。
速やかに、ご受診下さい。

ただし、発熱して2~3時間しか経っていないと
感染していても、検査で陽性に出ない場合があります。
最低でも5時間以上経過してから検査を受けるようにして下さい。

佐土原地区ではまだ、インフルエンザの流行はみられておりません。
まだ間に合いますので、予防接種を受けましょう。
13歳未満の方は1週間以上あけて、2回の接種をお勧めします。
18歳以下の方は保険証とともに母子手帳もご持参ください。
なお、予防接種の受付は、午前中は12時まで、午後は17時までとなっておりますので、ご了承ください。

5月31日は「世界禁煙デー」です。
喫煙者の方で、禁煙を考えていらっしゃる方は
これを機会に挑戦されてはいかがでしょうか。

禁煙補助薬の処方を受けるには
最低5回の受診が必要で
12週間に渡り内服することになります。
保険診療を受けるための条件をクリアすれば
3割負担で合計約17,000円になります。

詳しくはお電話か、直接受診されて
ご相談ください。

null

null
30歳代後半、年取ったと言いながらもその自覚はなかった。

40歳を過ぎて、出来上がったスライドの文字が見えなくなっているのに気付いた。
それから眼鏡をはずして傷の縫合をするようになるまでにそんなに月日はかからなかった。

ある日、院長室の鏡の中に自分の老けた横顔を見つけて唖然とした。
油断していた。
いつも鏡の前では正面視しかしてこなかった。
次の日からは、2つの鏡を使って、横から上から写して見た。

すると、頭のつむじがやけに目立つのが気になった。
そう言えば最近、抜け毛が多いような気がする。

数日後には育毛剤を購入し、起床時と風呂上がりにつけて、毎朝、つむじをチェックした。
努力の甲斐なく変化はなかった。

それから数年経ち、50歳代を目前にプロペシアが現れた。
私にとっての救世主である。

毎日1錠ずつ内服し、抜け毛はほとんどなくなった。
つむじも問題なく、来年は50を迎える。

«前 || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || 次»