個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~17:50
土曜  8:30~12:50

(なお、木曜日の午前中は休診で午後は15:00からとなります。夜間診療を行っている場合もございます。平日は17:30、土曜日は12:30を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。)

HOMEお知らせ

今年の花粉量は例年より多いようです。
また、火山灰も含むことよりアレルギー反応が強く出ているようです。

当院では、1日1回の内服で眠くならない飲み薬や点鼻薬
また、目薬などをご準備しております。

飲み薬は年齢や症状の強弱に応じて処方致します。
また、コンタクトレンズの上から点眼できる目薬も置いております。

のどがイガイガして、夜になると咳が止まらない方は
咳喘息と言って、のどのアレルギーかもしれません。
咳喘息は花粉症に合併することが多いです。
咳喘息は喘息ではないのですが、喘息治療薬が効きます

今年初めて花粉症になられた方。
血液によるアレルギー検査も行っております。

花粉症の方にはまだまだつらい日が続きます。
当院が何らかのお役に立てればと思っております。
何でもご相談ください。

睡眠中にしばしば呼吸が止まる病気です。

一晩で10秒以上の呼吸停止や呼吸低下が30回以上
もしくは1時間あたり平均5回以上繰り返す状態を指します。

放っておくと寝不足や酸素不足、交感神経緊張状態から
交通事故や労災事故を起こしたり
難治性の高血圧や心臓病、脳卒中などの合併症の発生が高まります。

睡眠時無呼吸症候群は特殊な病気ではなく、日本では潜在的な患者が約200万人、
治療が必要な患者は約30万人と言われています。

当院では自宅でできる簡単な検査を行っております。
また、睡眠時無呼吸症候群と診断された場合の治療も行っております。

いびきをかく方、太っていらっしゃる方は要注意です。
いつでも当院にご相談ください。

毎年4~5月になると特定健診・後期高齢者健診の受診券が宮崎市から送られてきます。
6月から翌年の2月まで、この受診券を使って、当院で健診を受けることができます。
高血圧や高脂血症、糖尿病、腎臓病などの健診になります。
これらの病気が脳卒中や心臓病の原因になります。
年に1度はこの受診券を使って健診を受けましょう。

受診には電話予約が必要ですので、宜しくお願い致します。

当院では月に1回、勉強会を開催しております。
次回は「がん検診について」を予定しております。
参加ご希望の方はご連絡ください。

皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、
今年はインフルエンザワクチンの入荷が
昨年の8~9割と言われております。
また、入荷が少量ずつで、
供給が需要に追いついておりません。

そこで当院では、誠に申し訳ございませんが、
以下の様に、ワクチン接種に制限を設けております。

・ 小学生以下の小児および65歳以上の高齢者
制限を設けておりません。

・ 中学生以上、65歳以下の方は
当院で昨年インフルエンザワクチンの接種を受けた方。

今後また、ワクチンの入荷次第では制限を変更するかもしれません。

電話もしくはこのホームページでご確認ください。

       2017年11月18日 16:13 院長

«前 || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 || 次»