個人情報の取扱い お問い合わせ
HOME 医院紹介 診療のご案内 医療ニュース Q&A コラム

宮崎市佐土原町の内科・小児科医院です。

消化器・胃腸科が専門で、胃カメラや大腸内視鏡、腹部エコーでは鎮痛・鎮静剤を使い、苦痛の少ない検査を心がけます。
循環器や呼吸器、感染症やアレルギーも診療します。

小児科は一般診療の他、定期・任意の予防接種も行います。

また、介護支援専門員が介護や認知症のご相談に応じます。
なお、禁煙補助薬や男性型脱毛症治療薬も処方します。
平日8:30~12:30
14:00~17:50
土曜  8:30~12:50

(平日は17:30、土曜日は12:30を過ぎる場合はご来院前にお電話ください。また、8:30から胃カメラ、腹部エコー検査が入っている場合は診療開始が9:00になりますので、ご了承ください。)
HOME ≫ Q&A

Q&A

カテゴリー:

子供の便秘によい食事を教えてください

まずは食事の量をしっかりと摂ることです。

次に食物繊維を摂ることが必要です。

その為には野菜を摂ることが必要ですが野菜が苦手なお子様にお勧めな果物があります。

バナナ、リンゴ、キイウイ です。
これらは食物繊維を多く含みます。

また、プライム、リンゴ、モモ にはソルビトールという便の保水を促す物質が含まれます。

うどんやそば、スパゲティにも食物繊維が多く含まれお勧めです。

幼児で「水ぼうそう」と言われました。抗ウイルス薬を飲む必要はないのでしょうか?

12歳以下で基礎疾患がない場合や合併症がない場合は自然治癒するので、飲む必要はありません。13歳以上で感染すると重症化する可能性があるので飲む必要があります。12歳以下でも、未熟児、免疫不全的基礎疾患や免疫抑制薬内服者、心臓呼吸器疾患、広範な慢性皮膚病変を持つ場合や、合併症がある場合は飲む必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の症状と合併症について教えてください。

<主な症状>
いびきをかく
睡眠中に何度も呼吸が止まる
夜中に何度か目が覚める(お手洗いに起きる)
起床時に頭が痛い
熟睡感がない
昼間に眠気がある

<主な合併症>
睡眠中の低酸素と交感神経の亢進が
様々な合併症を引き起こします。

高血圧症
心不全
不整脈
狭心症・心筋梗塞
糖尿病   

診療所の場所がわりません。

JR佐土原駅から10号線を渡り西へ向かいます。すぐに右へカーブしていくと佐土原町役場に向かいますが、右へはカーブせずに道なりに進むと久峰公園へ向かいます。その久峰公園に向かう道の最初の角を左に曲がると約100M先に当院があります。角には消火栓標識に当院の案内があります。

コレステロールを下げるには、食事でどのようなことに気を付ければよいでしょうか?

まずは肥満がある方は体重を減らすことです。体重が2~3kg減るとコレステロール値も下がってきます。
また、肥満がない方も飽和脂肪酸(バター、ラード、肉の脂身、鶏肉の皮、ベーコンなど)の摂取を減らすとコレステロール値は下がります。そのため、主食は肉から魚や大豆に替えましょう。大豆(豆腐や納豆など)はコレステロールを下げます。また、バターやラードの代わりに植物油を使いましょう。サラダオイルはコレステロールを下げます。
食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、水溶性の食物繊維を多く含む麦飯はコレステロールを下げます。麦飯が嫌いな方は海藻やキノコ、コンニャクを食べましょう。
コレステロール値がすごく高い方は、コレステロール自体の摂取を制限しないといけません。卵だけでなく、肉や魚にもコレステロールは含まれていますので、控えめにしましょう。
< 前へ || 1 | 2 | 3 || 次へ >